本レビュー☆☆☆☆☆『女と男はすれ違う!: 共感重視の「女性脳」×評価したがる「男性脳」』がメチャメチャ面白い!!これは全人類が知っておくべきだ!!

久々の本レビューです。最近読んだ『女と男はすれ違う!: 共感重視の「女性脳」×評価したがる「男性脳」』があまりにも面白かったので投稿します。

この本は、「妻のトリセツ」の著者である黒川 伊保子さんが、脳研究をした知見から男女の脳がどれほど違っているかを書いてます。

本のスタンスとしては、女性向けに書かれていて、まだまだ多い男性社会の職場で女性がどう立ち振る舞うと上手く行くのか、どうすれば男性を上手く動かせるのかを書いています。

ただ、その中で男性の脳の特徴も解説しており、それが非常に自分の能力の理解に役立ちました。

同時に女性の脳の特徴も解説しています。

そして、脳本来の特徴を活かすと男女はすれ違うらしいのです。

1例を挙げると・・・。

女性の脳が一番活性化するのは話している時らしいです。それに対して男性の脳が一番活性化する時は話をしていない時。さらに男性の脳は問題解決型の脳で目的のない話は脳が勝手に処理を止めてしまうのだとか・・・。

喋り続ける事でより活性化する女子と勝手に処理が止まってしまう脳を持つ男性。そりゃかみ合わん。

そんな感じで女性と男性の脳の特徴が書かれてます。また、それを踏まえての対応方法も書かれていて非常に面白いです。

知っていれば夫婦間のケンカや、会社内での女性の生き辛さはかなり解消されると思います。義務教育で教えてくれれば良いのに・・・と思いながらも今知れてよかったです。嫁、娘との会話には気をつけよう。

ただ、男性が読む場合は注意点が1点。

最初の30ページ位は男性が読むとイラっとします。少し理屈が通っていない例え話(ただ後の章での理解に役経つ)と女性向け目線で男性の悪い点が書かれていてイラっとなります。

そこを過ぎると理屈でも感情でも理解でき、男性が読んで面白い本となっています。当然、女性が読まれても面白い思います。

みなさん、是非読んで見てください。

スポンサーリンク

<スポンサーリンク>

固定広告
楽天モーション



楽天モーション2



レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ村、ブログランキング