日本を良くしよう!!ウクライナ情勢から日本の国防を考える

日本をよくしようのアイキャッチ画像 日本を良くしよう!!

ロシアがウクライナに軍事侵攻しました。

一方的な理由による軍事侵攻であり、多くの血を流す戦争は止めてほしい。

と思うと同時にかなり衝撃でした。

何が衝撃かって、これだけ明確な国際ルール無視の軍事侵攻に対して軍事力での支援は皆無だった事です。

ウクライナはNATOにも未加入、軍事的な同盟国もない。また、ロシアが国連の常任理事国であり、国連は常任理事国5カ国が同意しないと動けない。

なので、ウクライナを軍事支援する責任を持つ国も、介入できる明確な理由がある国もないのはわかります。

が、ここまではっきりとした国際ルール無視の一方的な侵攻に対し、軍事支援、軍事介入がゼロなのは衝撃でした。

そして頭をよぎったのは尖閣諸島に中国が乗り込んできたらどうなるのか?です。

第3次世界大戦を避ける為なら1国は犠牲にする

今回のロシアの侵攻で分かったのは、第3次世界大戦を避ける為であれば1国が侵攻されても見過ごすと言う事です。

ロシアの軍事力、核保有を考えると戦争を大きくしたくない。大国同士が争って、第3次世界大戦へ発展するのは避けたい。それが軍事支援、軍事介入に踏み切っていない(2022/2/26現在)1番の理由の様です。他にも諸国の理由はあると思いますが、そこが一番大きな理由の様です。

そして第三次世界大戦を避ける為に、ウクライナはアメリカ、NATOから見放されました。経済制裁は課しましたが、それで侵攻が止まらないのは各国わかっていました。それでも各国が実施したのは、経済制裁とウクライナ周辺のNATO加盟国への軍事増強。

つまり、ウクライナを超えて西側に侵攻すればNATOによる武力行使するが、ウクライナまでならNATOによる武力行使はしないと言う物でした。

尖閣諸島が侵攻されたら取り戻せるのか

ここで自国、日本について考えます。

中国が尖閣諸島を侵攻してきた場合、どうなるのか・・・です。

1971年以降、中国は尖閣諸島を自国の領土だと主張しています。また、2012年からその主張は強くなってきています。目的は水産業なのか、資源なのかわかりません。

マンガではありますが「空母いぶき」では太平洋に出る為の海路確保が目的とも書かれています(尖閣諸島がある為、中国と太平洋の間に日本の海域が横たわってます)。余談ですが、「空母いぶき」は尖閣諸島を一夜で中国に乗っ取られ、そこから奪還を目指すマンガです。取り戻すに当たって、武力以外の政治的な課題等も描かれてて凄い面白いです。一度読んで見て下さい。

目的ははっきりしてませんが、中国は尖閣諸島を狙っていると思われます。漁船だったり、潜水艦だったりでちょろちょろと海域を超えてきてます。俺たちの海だと言わんばかりに。

では、中国が尖閣諸島を実行支配しようと武力行使してきた場合、どうなるのか。素人ながらに考えてみました。

結論としては、簡単に実行支配されると思います。

まず、日本は武力による対抗はしない、出来ないのではないかと思ってます。中国が軍艦でやってきて尖閣諸島に上陸したとしても、中国が日本に、日本の戦艦に発砲してこない限り、威嚇射撃程度で相手を撃沈する事はないのではないかと思います。

相手の軍艦を鎮めれば死傷者が多数でます。日本には最初にその引き金を引く覚悟はないと思います。とっさに判断出来る事ではありません。ですが、普段からその覚悟を持っているかと言えばNoかと。

そして威嚇射撃を横目にすんなり上陸してしまうのではないかと思っています。

また、上陸した中国に対し、武力行使して排除するのかと言うと、これもしないと思います。あくまで平和的に解決するのだと言って外交で何とかしようとするだけだと思います。

日本が中国と軍事衝突すると経済へのダメージが大きいです。また、日本が中国と軍事衝突するとアメリカが参戦し日本、アメリカ vs 中国となる可能性が出てきます。

アメリカ vs 中国は第3次世界大戦へと発展しかねないので日本、アメリカも避けたい所です。

なので、外交で何とかしようとするだけだと思います。

また、アメリカが軍事参戦するのは、日本が中国と軍事衝突をしてからだと思われます。特に尖閣諸島は、日本の領土か、中国の領土なのかと言う議論に持ち込まれると、安保条約とは別の話になってきます。なので、日本が武力を持って止めようとして中国と軍事衝突しなければ、アメリカの軍事参戦はないかと思います。

結果、諸島に上陸しようとしても強制的に止める者がいない状態になると思います。

中国の尖閣諸島が侵攻はあり得るのか

中国の尖閣諸島への侵攻は十分にあり得ると思います。

何しろ、ロシアがウクライナ全土に侵攻しても誰も止めない状況を見てしましました。

中国は世界に対してロシアよりはるかに大きな影響力を国です。その中国が無人島に乗り込んだ所で武力で止める国はないと中国は分析するでしょう。

後の懸念は、経済制裁だけです。

が、中国は経済大国であり、どこの国にとっても大きな貿易相手です。

更に日本の経済的影響力は低下の一途です。経済制裁は行われてもそこまで大きな制裁はしないでしょう。

そう考えるといつ侵攻してきてもおかしくありません。

今は尖閣諸島周辺に漁船をウロチョロさせ、尖閣諸島は中国の物だと言い易い状態にしつつ、タイミングを見計らっている状態だと思います。

尖閣諸島を守る為には上陸を防ぐしかない

では、どうしたら良いか。

それは尖閣諸島への上陸を体を張って止めると言う事を中国にアピールし続ける。

日米安保条約がある以上、日本が攻撃されれば、アメリカも軍事支援してくれると思います。中国もそれは避けたい所だと思います。

なので、実行支配しようとするなら日本は武力行使して止める覚悟があると、前面戦争してでも止めると、アメリカも巻き込んだ世界大戦になる可能性もあるんだと中国に思わせるのが1番の抑止だと思います。

実行支配されてから取り戻すの難しいと思います。平和主義の日本には武力行使してでも取り戻す覚悟はないでしょう。

なので、中国の尖閣諸島への侵攻を止めるには、侵攻に対しては武力で止めると常日頃からアピールする事です。

あくまで、素人のいち意見です。ぜひ、皆さんもどうしたら良いか考えて見て下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました