子供との遊びに最適!!カードゲーム「おばけキャッチ 名人技」

娘(小4)が好きなボードゲーム「おばけキャッチ」の難しいバージョン「おばけキャッチ名人技」を入手しましたので紹介します。

子供と遊ぶゲームを探している方は 参考になると思います。

「おばけキャッチ 名人芸」は結構複雑です。小学生低学年までは「おばけキャッチ」の方がお勧めです。

名人技の変更点

ここでは「おばけキャッチ」からの変更点を説明します。

「おばけキャッチ」の説明はこちらを見て下さい。

コマの変更

おばけ以外はコマが変わっています。5個から9個に増えています。色は5種類のままですが、白色以外は各2個になっています。

追加ルール

ここからは追加されたルールの説明です。以下3つのルールが追加されました。

  • 時計
  • ふくろう

時計

カードに時計とおばけがあった場合、コマをとらずに時計の時刻を読みます。時計のみの場合、従来のルールに従ってコマを取ります。

この場合、時計のみなので従来のルールに従って鏡を取ります。

この場合、時計とおばけが一緒にいるので時計の時刻を読みます。

鏡の中にコマが映っていた場合、映っているコマを取ります。但し、色は考慮せず、形だけでコマを取ります。

鏡に何も映っていない場合は従来と同じルールに従ってコマを取ります。

この場合、鏡に何も映っていないので、従来のルールに従って時計を取ります。

このカードでは鏡におばけが映っているので、おばけを取ります。カードのおばけは青、コマのおばけは白色と異なった色ですが、おばけを取ります。

ふくろう

ふくろうがいる場合、コマを取る代わりにコマの名前を宣言します。また、鏡とふくろうがいる場合は、色を宣言します。

このカードの場合、「ふくろう」と言います。コマは取りません。

鏡とふくろうが一緒にあるので、「しろ」といいます。実際のコマの色はみどりですが、鏡に映っている白色を宣言します。

まとめ

ゲームの性質はおばけキャッチと同じですが、コマの変更、追加ルールのおかげで「おばけキャッチ」は娘の圧勝ですが、「おばけキャッチ 名人技」では互角の戦いができています。

おばけキャッチが飽きてきた方はぜひやって見て下さい。新鮮な気分でできますよ\(^o^)/

スポンサーリンク

<スポンサーリンク>

固定広告

楽天モーション



楽天モーション2



レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログ村、ブログランキング